予防歯科の魅力

>

虫歯の発生を予防する効果

なぜ虫歯はできるのか

まず虫歯がなぜ発生するのかということから簡単にお伝えします。
虫歯はお口の中を不衛生にしていると発生するイメージがあるでしょう。
あながち間違っていません。
お口の中には多くの細菌が存在しています。
虫歯はこのうちのミュータンス菌とよばれる細菌等が原因となっています。
食事をした後、食べかすや食べ物の成分などでお口の中は細菌が活発に活動しやすい状態となっており、細菌はお口の中に残る食べかすや成分等を養分として、酸を生み出すのです。
この酸が歯の成分を溶かし、少しずつ歯を侵食していき虫歯が発生しています。
私たちが痛みや不快感を感じるよりもずっと前に、この酸によって歯は少しずつ溶かされています。
大変小さな虫歯はセルフケアで見つけることは難しいものなのです。

予防歯科で虫歯を見つける

歯医者さんに苦手意識を持っている方の多くは虫歯の痛みや苦痛を感じ、加えてその痛みや苦痛のある虫歯の治療で更に沁みるといった苦痛を重ねる苦労を忘れられないことから苦手意識を持っているという方が多いでしょう。
これも予防歯科で解消することができます。
虫歯はでき初めの頃には大変小さく、セルフチェックでは見つけるのが難しいものなのです。
それだけ小さい虫歯は発生していることに気付けないように、痛みや苦痛があるものではありません。
小さないうちに見つけることで、痛みや苦痛を感じることなく虫歯治療を済ませることができます。
加えて小さなうちの虫歯は削る範囲も少なく、もっと小さな虫歯の場合には削らなくても治療を済ませてしまえることもあるのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る