歯科健診を受けよう!予防歯科を重視する理由とは

予防歯科の魅力

歯科検診でお口のトラブルを予防する

予防歯科とはどんなものなのか。 診療名なのか、それとも治療の名称なるのでしょうか。 予防歯科というものが何なのかについてご紹介します。 予防歯科はどこでもできるものです。 自分自身でも、また歯医者さんでも受けられるものではどんな行動が予防歯科なのか。まずは知ることが大切です。

虫歯の発生を予防する効果

予防歯科によってお口のトラブルを避けることができます。 その最も大きな効果を生むのが虫歯予防です。 何故予防歯科が虫歯の予防に効果的なのかを知るなら、虫歯そのものの発生原因を知ることが大切です。 そこで虫歯のできる原因と予防歯科が虫歯予防となる理由についてご紹介します。

予防歯科とはどんなものなの

日本人は諸外国の人々と比べて歯科検診を受ける確率が低い人種と言われています。
幼いころに学校や自治体が催す歯科検診を受けた経験があるという方でも、大人になって自ら歯医者さんに予約を入れて歯科検診をしているという人は少ないようです。
また歯医者さん自体に通う頻度に関しても、年に1回以上、歯医者さんに通っているという方も少ないのが現状です。
日本人は比較的、歯医者さんを利用する頻度が少ないというデータも出ているほどです。
何故なのでしょうか。
日本の医療体制だけでなく保険制度もこのデータに影響するものだと言われています。例えばアメリカの州では歯科治療は全て保険適用外の治療とされているのだとか。
保険適用外の治療ですから、かかる治療費は全て自費負担になり、高額な治療費を払わなければならなくなります。
虫歯ができてしまうと治療費がかかる。
このため治療をしなくても良いように、定期的な歯科検診を受けることが重要なのです。
つまり虫歯を生まないことはもちろん、高額な治療費を準備せずに済むように定期的な歯科検診は必須であるという認識が大切になるというわけです。
一方、日本はどうなのかといえば、その逆といえるでしょう。
しかし虫歯ができてそれを削るという行為を繰り返していては、いつかご自身の歯は全て無くなってしまいます。
それでは健康は保てません。
虫歯を生まないために予防歯科は欠かせません。
痛みや苦痛を感じずに健康な日々を送るために重要な予防歯科とはどんなものか、こちらで詳しくご紹介します。

お口の特徴を知ることで得られるメリット

予防歯科ではお口の中をしっかりと確認することができます。 お口の健康の大切さを理解している人なら、日々のセルフケアはマメに行っていても自分のお口の中をすべて把握することはできませんが、お口の中を知ることは大切です。 なぜお口の中を把握すると良いことがあるのかをお伝えします。

TOPへ戻る